敏感肌のファンデーション。諦めないためには?

化粧でファンデーションを使うと肌が荒れてしまう敏感肌にお悩みの方は少なくありません。
ファンデーションを使って化粧をするとしばらくして肌が赤く痒くなったり、クレンジングで落とすと肌荒れを起こしていたなどという敏感肌ならではのトラブルは頭が痛いものです。

 

しかしお仕事でノーメイクが失礼になる業種の方もいますし、そうでなかったとしても大人の女性にとってファンデーションが肌に使えないというのは辛いものがあるでしょう。
敏感肌に大敵なのが乾燥と紫外線です。ファンデーションを塗らなくても特に冬場などはお肌は乾燥していきますし、むしろファンデーションというバリアがない分お肌にダイレクトに紫外線が届いてしまいます。自分の敏感肌と相談しながらファンデーションを上手に使いましょう。

 

リキッドやクリームタイプのファンデーションはカバー力がしっかりしている分、配合されている油分などの添加物が多いため敏感肌の方は使用を避けたほうがいいです。敏感肌の方は特に石油由来の科学合成成分が使われているファンデーションには注意しましょう。
おすすめはルースやパウダータイプ、またはフェイスパウダーです。
敏感肌のメイクでもっとも大切なのは肌に刺激を極力与えないことです。その為厚塗りするしっかりメイクより薄付きのナチュラルメイクがベストでしょう。最近では薄付きでもカバー力のある商品も発売されています。
ファンデーションを使う際にはパフではなく化粧ブラシを使用するのが好ましいでしょう。これは化粧ブラシの方がより薄く化粧をすることが出来るからです。またメイクに使う道具はブラシでもパフでも小まめに洗います。これでメイクグッズの雑菌の繁殖を防ぐとともに、使用する際の肌への刺激も軽減されます。
最近は洗顔石鹸で落とすことの出来るミネラルファンデーションも注目されています。
そしてファンデーションにこだわったらクレンジングも肌に負担の少ないものを選びましょう。
落とすことも敏感肌には刺激になるからです。